最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

今、急性期病院の経営に求められる3つの視点と実現可能で骨太な経営戦略 「急性期病床機能の定義(重症度、医療・看護必要度Ⅰ・Ⅱ)と機能分化」「機能評価係数Ⅱの向上策」「PFM(Patient Flow Management)の仕組みを通した医療・介護連携」

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

本格的な病院大再編が既にスタートしています。2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定、国民健康保険の財政都道府県単位化、新たな医療費適正化計画の実施―などの重要なイベントが重なり18年度は「惑星直列」とも呼ばれています。
病院の経営陣が今後の経営を議論する上で重要なことは、
(1)地域における自病院のあるべき姿について、感覚論をなくし多角的なデータで徹底的に議論する
(2)2025~35年の人口動態を見据え、長期的視点での病床機能と介護連携を考えること です。
今年度の改定では、急性期病床機能の測定のひとつとしてEFファイルを用いた「重症度、医療・看護必要度Ⅱ」が導入されました。ただ、「必要度Ⅱ」をシミュレーションし「必要度Ⅰ」と比較して"どちらを選択するか"という議論だけでは本質的な自院の病床機能が見えてきません。まずHファイルとEFファイルの"データの精度"を上げることが必須です。さらに重要かつ本質的な思考は「重症度、医療・看護必要度」から急性期を脱した患者の転棟・転院タイミングを計り、急性期疾患の在院日数をマネジメントする。そしてこれらを踏まえ、来たる人口構造の変化と地域全体の急性期、回復期、療養のニーズをみすえ、自院の病床機能を定義することです。
暫定調整係数がなくなった今、「機能評価係数Ⅱ」はDPC病院にとってますます重要な指標となりました。「機能評価係数Ⅱ」は急性期度合いを計るバロメーター(通信簿)です。通信簿の成績を良くするためには、それぞれの指標において厚労省が意図する仕組みや定義を理解し、カイゼンが可能な効率性・カバー率・救急医療係数などについて、DPCデータでベンチマーク分析することで自院の課題を検証し向上策を特定するのです。
2018年度の診療報酬改定では、入院前から「患者の入院生活、さらに退院後の生活」を見据えた支援を行う「入院時支援加算」が新設され、外来から入院、退院、在宅までを通して患者のマネジメントを行うPFM(Patient Flow Management)が、診療報酬でも評価されることになりました。この視点のもとに、「医療」と「介護」の前方・後方連携を通し院内でPFMを仕組み化することで一気通貫の患者フローを構築し、患者満足度の向上だけでなく各種加算の算定率向上につなげることも急性期病院にとって重要なマネジメントとなります。
本格的な病院大再編時代には、病院経営において、感覚論も小手先のテクニックも通用しません。院内で今後の自病院のあるべき姿を徹底的に議論し、院内の全職員の行動変容や中長期的な病床戦略につながる、実現可能で骨太な経営戦略の立案が求められています。

1.病床機能をどう定義するか
 (1)重症度、医療看護必要度Ⅱのシミュレーション
 (2)重症度、医療看護必要度のデータ精度向上
 (3)急性期を脱した患者の転棟・転院タイミング
 (4)将来人口構造の変化をみすえた病床機能

2.機能評価係数Ⅱの向上
 (1)機能評価係数Ⅱの重要性
 (2)効率性・カバー率・救急医療係数の仕組みと定義
 (3)他病院とのベンチマークからみえる自院の改善課題

3.PFM(Patient Flow Management)
 (1)「医療」と「介護」の前方・後方連携をさらに進化
 (2)患者満足度向上と付随する加算
 (3)手術待ちと三次救急の増患ポテンシャル

4.質疑応答

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン 代表取締役社長 渡辺 幸子(わたなべ さちこ)氏
日時
  • 日程 2018年6月21日(木)
  • 時間13時00分 ~ 16時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場紀尾井フォーラム
  • 住所 東京都 千代田区紀尾井町 4-1 ニューオータニガーデンコート1F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

セミナーお申込み

ExpoTODAYからこのセミナーに申込みができます

お申込み方法 ・下欄にご入力の上、送信下さい。折り返し受講証、請求書、会場地図をご本人様宛てにご郵送致します。お申込み後、5日以内にお手元に届かない場合は 必ずご一報下さい。(受講証は当日ご持参下さい。)
・お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。 その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。
・ビル内は禁煙になりますので、ご了承の上お申込み下さい。

セミナーお申込みフォーム

貴社名
御芳名必須
所属部署
例:○○部○○課 ※スペースを入れずにご入力下さい
役職
電話番号必須
半角数字で、ハイフンを除いてご入力ください
FAX必須
半角数字で、ハイフンを除いてご入力ください
メールアドレス必須
半角英数字でご入力ください
郵便番号必須
半角数字でご入力ください
都道府県必須
市区町村必須
例:○○市○○区○○町
番地必須
例1-1-1 ※ハイフンでつないでください
ビル名等
ご意見・ご要望
全角でご入力ください

上記セミナーに、同一会社(同一ご連絡先)から複数人のご参加がある場合は、
下記の入力をお願いします。

御芳名必須
所属部署
役職
メールアドレス必須
半角英数字でご入力ください
御芳名必須
所属部署
役職
メールアドレス必須
半角英数字でご入力ください
御芳名必須
所属部署
役職
メールアドレス必須
半角英数字でご入力ください
御芳名必須
所属部署
役職
メールアドレス必須
半角英数字でご入力ください

お申込みいただいた内容は株式会社イードからセミナー主催者へ送信致します

弊社の個人情報取扱いについて同意の上、申し込みボタンを押してください

個人情報取扱いについて

株式会社イード(以下、弊社という)はお客様の個人情報をお預かりすることになりますが、そのお預かりした個人情報の取扱について、 下記のように定め、保護に努めております。

【利用目的】
・お問い合わせ時及びセミナーお申し込み時の本人確認
・会員ユーザに合ったサービスの提供及びオンライン広告の配信
・会員ユーザに有益と思われる当社のサービスまたは当社の業務提携先の商品やサービス等の電子メール等による送付

【第三者への提供】
 当社は本サービスの実施に際し、次の目的に限り、会員ユーザの個人情報を、本サービスにおける当社の業務提携先(イベント主催者および出展社)に提供させていただく場合があります。
 (1)会員ユーザが申込したイベントの事前登録およびセミナー受講の情報提供のため
 (2)会員ユーザの請求した業務提携先企業の資料送付のため
 (3)会員ユーザに有益と思われる当社のサービスまたは当社の業務提携先の商品やサービス等のご案内のため
 (4)上記目的に必要な範囲で当社の業務提携先に会員ユーザ情報を提供すること

【個人情報の取扱い業務の委託】
 弊社は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しており、業務委託先に対してお客様の個人情報を預けることがあります。
 この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

【個人情報提出の任意性】
 お客様が弊社に対して個人情報を提出することは任意です。
 ただし、個人情報を提出されない場合には、弊社からの返信やサービスの実施ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【個人情報の開示請求について】
 お客様には、貴殿の個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止および利用又は提供の拒否権を要求する権利があります。
 詳細につきましては下記の窓口までご連絡いただくか「個人情報の取り扱いについて(https://www.iid.co.jp/company/pp.html#pp2)」をご確認ください。

 お問合せ先:
 個人情報問合せ窓口
 e-mail : Xprivacy-admin@iid.co.jp (先頭のXを除いたアドレスとなります)
 個人情報保護管理者:管理本部長

上記明示事項を承諾し、同意いただいた場合は「同意して申込み」 ボタンを押して送信してください。

ホットキーワード