最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

トヨタ友山副社長、レクサスボートは「社長のトップダウンで始まった」…ジャパンボートショー2018

  • 「レクサス スポーツヨット コンセプト」とトヨタ自動車の友山茂樹副社長
    「レクサス スポーツヨット コンセプト」とトヨタ自動車の友山茂樹副社長
  • 「レクサス スポーツヨット コンセプト」
    「レクサス スポーツヨット コンセプト」
  • 「レクサス スポーツヨット コンセプト」
    「レクサス スポーツヨット コンセプト」
  • 「レクサス スポーツヨット コンセプト」
    「レクサス スポーツヨット コンセプト」
  • 「レクサス スポーツヨット コンセプト」の内部
    「レクサス スポーツヨット コンセプト」の内部
  • 「レクサス スポーツヨット コンセプト」の操縦席
    「レクサス スポーツヨット コンセプト」の操縦席

トヨタ自動車は3月8日、「ジャパンインターナショナルボートショー2018」で高級車「レクサス」ブランドのボート『スポーツヨット・コンセプト』を披露。友山茂樹副社長は2019年後半に米国、2020年春に日本で発売することを明らかにした。

友山副社長によると、このプロジェクトがスタートしたのは3年前で、豊田章男社長のトップダウンで始まったそうだ。その時、豊田社長から“意味不明”なリクエストがあったという。

「海のど真ん中に自らを開放できる隠れ家のような空間をつくってくれないか」

その豊田社長のリクエストに友山副社長をはじめ担当者は、自らを解放できる海のモビリティというのは一体どういうものか悩みに悩み抜いた。そして出した答えが今回披露した「レクサス スポーツヨット コンセプト」だったわけだ。

「その課程でわれわれはこれまで考えたことがないようなデザイン、技術にチャレンジすることができ、多くのノウハウを習得すした。また、米国のボートビルダーと一緒に仕事をするという貴重な経験をすることができた」と友山副社長は振り返る。

デザインは立体的なフォルムと曲線美を追求し、優雅で躍動感のある、これまで誰も見たことがないスタイリングに仕上げた。エンジンには『レクサスLC500』に採用した5リッターV8エンジンを船舶用にチューニングして2基搭載。船体はフルカーボンで、高い剛性と軽量化を実現した。これによって、最高速度は43ノット(時速80km/h)に達するそうだ。

もちろん内装はレクサスの名にふさわしい豪華なつくりで、オーディオシステムにはマークレビンソン製のサウンドシステムを採用している。また、操縦席には先進のタッチパネル式液晶ディスプレイが設置され、一目でボートの状況が分かり、操作もしやすいようになっている。

「このボートはコネクティッドボートで、トヨタのモビリティサービスに接続して、リモートメンテナンスサービスなどレクサスにふさわしいトータルケアを受けられるようにしていく予定です」と友山副社長。

2019年後半に実際に発売する時には、今回披露したボート(42フィート、8人乗り)よりも65フィート、15人乗りと大きくなり、さらに豪華になる見込みだ。価格については未定だが、2億円を超えるのではないかと見られる。

トヨタはレクサスボートでレクサスのブランド価値のさらなる向上とマリン事業の黒字化という一石二鳥を狙う。

<< 山田清志 >>
レスポンス

関連イベント

ジャパンインターナショナルボートショー 2018 関連ニュース(22件)

ホットキーワード