最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

国土交通省/経済産業省/ANA/三菱重工/IHI 航空機・MROビジネス参入ポイント ~安全規制、産業支援策、航空会社・メーカ(機体、ジェットエンジン)の取組み~

有料
1名につき 27,000円(税込)

概要

<1>開会挨拶
東京大学 大学院 教授 鈴木 真二 (すずき しんじ)氏
【13:00~13:10】


<2>MROに関する安全規制及び現況
国土交通省 航空局 安全部 航空機安全課 課長 川勝 弘彦 (かわかつ ひろひこ)氏
【13:10~13:50】

航空機やその装備品に必要な整備・修理作業を行うMRO事業は、航空機の安全性維持と密接に関係している。同事業については、その国際的な基本的枠組みがICAO(国際民間航空機関)により定められており、航空機やその装備品の製造や修理のグローバル化が進展する中、関係国の航空当局の組織認証を取得して行われている。本講義においては、国際的な安全規制の枠組み、MROに関する安全規制やその現状、課題について説明する。

1.MROに係る国際的な枠組み
2.MROに係る安全規制の概要
3.我が国のMROの現状
4.航空安全に関する相互承認協定
5.課題
6.質疑応答/名刺交換


<3>我が国航空機産業の現状と課題
経済産業省 製造産業局 航空機武器宇宙産業課 課長 
飯田 健太 (いいだ けんた)氏
【13:55~14:35】

1.航空機産業の動向
2.我が国航空機産業の展望
3.今後の航空機産業政策の方向性
4.完成機事業による新たな成長
5.機体構造・エンジン分野での着実な成長
6.装備品分野における市場開拓
7.航空機材料分野での新たな市場開拓
8.航空機産業への新規参入
9.質疑応答/名刺交換


<4>エアラインと航空機産業
(株)ANA総合研究所 主席研究員 山田 圭一 (やまだ けいいち)氏
【14:45~15:25】

航空機は、クルマのように「(日頃、何もしなくても)壊れない」乗り物ではない。航空会社が 航空機を運航するにあたり、安全をどのように考え、経済性との両立を目指しつつ、安全・安心 な「空の旅」を作り込んでいるか、をご紹介する。更に、今般、沖縄県との連携により、那覇空 港に航空機整備拠点を設立し、現地での航空人材育成を進める計画があり、これを紹介する。MRJ の初飛行等により注目される航空機産業に対し、国内での産業育成に対する課題や期待について も述べる。


<5>航空機メーカーにおけるMROの展望
三菱重工業(株) 交通・輸送ドメイン 事業戦略推進室 主幹
伊藤 一彦 (いとう かずひこ)氏
【15:30~16:00】

1.機体MROのサービスとMROマーケットの新トレンド
2.MRJ DREAMサービスの概要と課題
3.米国における航空機用修理部品とMROに要するFAA承認
4.交換部品(新製部品・部品の修理)マーケットと参入障壁
5.当局の認証
6.ライフサイクルを通じた技術基準/ガイドラインの維持
7.米国・日本版技術基準/ガイドラインの維持
8.わが国の航空産業に求められるBMI
9.質疑応答/名刺交換


<6>ジェットエンジン産業への参入について
(株)IHI 航空宇宙事業本部 資材部 部長 山本 博士 (やまもと ひろし)氏
【16:05~16:45】

航空輸送需要拡大に伴い、航空機産業の成長が期待されており、新規の参入希望が増加している。参考としていただくべく、MROを含むサプライチェーン上の考慮すべき事項を紹介する。

1.ジェットエンジンの基礎知識
2.コンプライアンス順守
3.新規参入希望の皆様へ
4.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 原財団
講師
スピーカー
東京大学 大学院 教授 鈴木 真二 (すずき しんじ)氏ほか
日時
  • 日程 2015年12月18日(金)
  • 時間13時00分 ~ 16時45分
料金
有料
1名につき 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場AP品川
  • 住所 東京都 港区高輪 3-25-23 京急第2ビル9F・10F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8898

ホットキーワード