最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

【総務省/NTTMD研/楽天】AIの研究開発最新動向と今後の活用展望 ~エージェントサービスの将来の可能性、Creative AIの衝撃~

有料
1名につき 27,000円(税込)
1

概要

Ⅰ.AIの開発・利活用の推進及びAIネットワーク化の健全な進展に向けて
総務省 情報通信政策研究所長 井上 知義(いのうえ ともよし)氏
【13:00~14:10】

第4次産業革命が進展する中、AIの技術開発や利活用がネットワーク化を伴いながら急速に進み、社会経済の各般において多大な便益がもたらされる可能性がある。そうした便益を最大限享受していくためには、AIの判断のブラックボックス化や制御喪失などのリスクや、リスクに対する過大な不安などが、AIの開発・利活用の阻害要因とならないようにする必要がある。AIの開発者、利用者等は、便益の増進とリスクの抑制のバランスをとりながら、どのような取組みを進めていくべきであろうか。
そのような観点から、総務省情報通信政策研究所における「AIネットワーク化社会推進会議」での検討を紹介する。

1.検討の背景・経緯
2.最近の動向
3.社会・経済にもたらす影響
4.開発において留意することが期待される事項
5.利活用において留意することが期待される事項
6.今後の課題
7.質疑応答/名刺交換


Ⅱ.NTTグループのAI"corevo"の取り組みと、実サービスへの展開
日本電信電話(株) NTTメディアインテリジェンス研究所 所長 
小澤 英昭(おざわ ひであき)氏
【14:20~15:30】

NTTグループでは、"corevo"ブランドの下、人間の能力を引出し、人間と機械とが共創するAIのサービスの確立を目指して、様々なパートナーの皆様と共にAI技術の確立や、実社会の中で役に立つエージェントサービスの提供を進めてきています。
本講演では特に音声認識を中心にエージェントサービスにおけるAI技術の最新の取り組みと、実サービスへの導入が進むコンタクトセンターでのAIの活用状況、具体的な効果について紹介します。
さらには将来の発展形としてコネクテッドカーやコミュニケーションロボットなど今後のエージェントサービスの在り方についても解説します。

1.NTTグループが考えるAI
2.文字化するだけではない音声認識技術
3.AIの導入が進むコンタクトセンター
4.利用環境の違いを克服するAI技術
5.いつでも、どこでも役立つエージェントに向けて
6.質疑応答/名刺交換


Ⅲ.楽天が取り組むデータ活用の新しい挑戦、Creative AIへの道
楽天(株) 執行役員/楽天技術研究所 代表 森 正弥(もり まさや)氏
【15:40~16:50】

今現在、「AI(人工知能)」という新しい潮流が社会そのものを変革する可能性をもつと注目を浴びており、楽天の研究開発組織である楽天技術研究所においても幅広いAI研究を推進している。
本講演では、研究所でのデータを活用したAI開発の事例を引きながら、「個別化時代」という特殊な時代ゆえの課題を解説し、そして今後来る「Creative AI」への挑戦についても述べる。

1.楽天技術研究所の概要、その特色
2.専門家が負けていくという問題
3.データを使って商品を理解し、ユーザーを理解する
4.Creative AIの衝撃
5.人類のやるべきこと
6.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 原財団
講師
スピーカー
総務省 情報通信政策研究所長 井上 知義(いのうえ ともよし)氏ほか
日時
  • 日程 2018年6月20日(水)
  • 時間13時00分 ~ 16時50分
料金
有料
1名につき 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場SSK セミナールーム
  • 住所 東京都 港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル4F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード

今週開催する展示会・イベント