最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

【日・米・欧】激動のテレビ×ネットの政策、ビジネス最前線 ~各国で白熱する政策議論とビジネス大転換の真っ只中~

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

Ⅰ.ネット配信事業を巡る日欧の政策動向
青山学院大学 総合文化政策学部 教授 内山 隆(うちやま たかし)氏
【14:30~15:40】

2020年が目前に迫る中、放送局のネット(同時)配信事業とそれを巡る政策議論が終盤を迎えつつある。いろいろ懸念されることがあるものの、しかし実証実験等、着実に進められている。
超長期で考えたとき、ネットがテレビにとって代わる「マス・メディア」の地位を獲得するかはまだ不明であるが、テレビ局の会社が生き残ることに関しては、積極的な戦略が求められる時でもある。歴史的に理論的に整理するとともに、日欧政策議論の最前線をお届けする。

1.総務省、内閣府の政策議論
2.EU、欧州諸国の政策議論
3.ネット配信バブルはいつまで?
4.サイマルかライブか?
5.メディアの主役が変わるとき(歴史的に、理論的に)
6.質疑応答/名刺交換


Ⅱ.アメリカメディア最前線
~買収・合併、D2C、プログラマティック、データ、アップフロント速報~
Media Japan Network 代表(NY在住) 渡邉 卓哉(わたなべ たくや)氏
【15:50~17:00】

2017年から18年にかけ、アメリカメディアは文字通り激動の時代を迎えている。FAANGの強大な力に対抗するため、ディズニーはFOXを買収、AT&Tはタイムワーナーを飲み込み、スケールアップに奔走。これまでのビジネスモデルから視聴者が直接自社のプラットフォームを通じて視聴するD2Cモデルへの転換。データを活用したターゲティング広告。プログラマティック取引の導入による取引の効率化。テレビ業界はテックという波とともに、過去70年のビジネスの大きな転換期を迎えている。
本講演では、これらの変化を大局的に解説しつつ、今年のアップフロントの速報までお届けする。

1.アメリカのTVマーケット動向
2.進むメディア統合 (Disney-Fox、AT&T-Time Warner)
3.FAANGのコンテンツ戦略
4.vMVPDsの躍進
5.ダイレクト・トゥ・コンスーマー(D2C)へのパラダイムシフト
6.データ活用と新しいテレビ広告
7.アップフロント最新情報
8.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
青山学院大学 総合文化政策学部 教授 内山 隆(うちやま たかし)氏ほか
日時
  • 日程 2018年5月18日(金)
  • 時間14時30分 ~ 17時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場ビジョンセンター東京日本橋
  • 住所 東京都 中央区日本橋室町 1-6-3 山本ビル本館5階 (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード