最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

AIスピーカー、IoTとの連携で急拡大するスマートホームビジネス

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

Ⅰ.IoTを活かしたスマートホーム実現に向けて
(株)ミサワホーム総合研究所 フューチャーセンター 市場企画室 
IoTホーム認証検討プロジェクトリーダー 
ミサワホーム(株) 商品開発部 ホームOS プロジェクト 
飯島 雅人(いいじま まさと)氏
【13:00~14:05】

HEMSの黎明期はエネルギーの可視化が注目され、インターネットへの常時接続環境が広まる効果はあったものの、提供されるのは家電製品の簡易なリモコン操作機能程度でスマートホームと称する程の変化はありませんでした。スマートスピーカーが流行し、様々なIoTが登場しつつある現在、スマートホームが備えるべき機能と開発の方向性について簡単にご紹介致します。

1.建築技術との融合を考える -住宅は単なる箱ではない-
2.住宅で求められる堅牢なシステム設計とは
3.オープン化とクラウド活用に期待すること
4.持続可能なサービス提供を実現するには -住宅の機能安全と事業リスク低減-
5.住宅ビジネスモデルの変化を活かす
6.質疑応答/名刺交換


Ⅱ.KDDIにおけるホームIoTの取組みと目指す世界
KDDI(株) 商品企画本部 ホームアライアンス企画部長 
早瀬 聡(はやせ さとし)氏
【14:15~15:20】

KDDIは、これまで人と人とのコミュニケーションを繋ぐサービスを展開して参りましたが、スマートホームの技術の進展により、家の情報をスマートフォンで知ることができる、即ち、家をスマホで持ち歩く環境が広がってきました。これからは、常に自分の手元にあるスマートフォンが持つ情報を家に伝えてあげることで、家が、自分のことを理解して、あらかじめ快適な環境を用意してくれる世界が拓けようとしています。「あんしん」「べんり」「たのしい」をテーマに、家と人との双方向のコミュニケーションの実現へ向けたKDDIの取組みについてご紹介します。

1.ホームIoT市場概況
2.スマートスピーカーの広がり
3.KDDIのホームIoTサービス「au HOME」
4.他業種と連携したホームIoTビジネス拡大の可能性
5.家と人との双方向コミュニケーションがもたらす暮らし
6.質疑応答/名刺交換


Ⅲ.イッツコム/Connected Designの取組み(仮題)
イッツ・コミュニケーションズ(株) 執行役員 事業戦略本部長
Connected Design(株) 代表取締役社長 武田 浩治(たけだ こうじ)氏
【15:35~16:40】

調整中

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
(株)ミサワホーム総合研究所 市場企画室 IoTホーム認証検討プロジェクトリーダー 飯島 雅人(いいじま まさと)氏ほか
日時
  • 日程 2018年2月14日(水)
  • 時間13時00分 ~ 16時40分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場紀尾井フォーラム
  • 住所 東京都 千代田区紀尾井町 4-1 ニューオータニガーデンコート1F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード