最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

2018年診療報酬改定×在宅医療×調剤薬局

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

Ⅰ.2018年診療報酬改定と調剤薬局の生き残り策
医療法人社団 永生会 特別顧問 中村 哲生(なかむら てつお)氏
【13:00~14:30】

在宅医療は外来門前薬局と違い待ちの薬局経営から攻めの薬局経営に変身するチャンスです。老人ホームや施設への訪問服薬指導により処方箋枚数の増加、処方箋の占有率の緩和などビジネスチャンスです。施設基準により仕方無く在宅医療を始める調剤薬局もあるかと思いますが地域内で早急に在宅訪問薬局のノウハウ構築と連携医療機関の開拓をすることで市域内の国取りゲームに早々に勝ち抜く必要があります。

1.在宅医療という名の政策誘導
2.病院の診療報酬点数算定要件による調剤薬局数の調整
3.施設在宅の方向性
4.2018年 診療報酬改定
5.在宅医療は調剤薬局の生き残り策
6.質疑応答


Ⅱ.2018年調剤報酬改定とこれからの薬局経営
ファルメディコ株式会社 代表取締役社長
一般社団法人日本在宅薬学会 理事長
医療法人嘉健会 思温病院 理事長 狹間 研至(はざま けんじ)氏
【14:45~16:15】

2015年秋に「患者のための薬局ビジョン」で「門前からかかりつけ、そして立地へ」「対物業務から対人業務」「立地から機能」「バラバラからひとつ」などのキーワードが出てきていたが、あまり大きな変化がなかった2016年改定から2年。2017年春には当時の厚生労働大臣が言及した「病院前の景色を変える」というイメージは具現化しつつある。薬局経営、薬剤師生涯教育、病院経営に携わる医師としての立場から、2018年度調剤報酬改定を踏まえて、これからの薬局経営のあり方について私見を述べたい。

1.薬局も薬剤師も2.0から3.0へ
2.薬剤師にかかる3つの誤解
3.キーワードは、外来、在宅、OTC
4.「対物」から「対人」が示すもの
5.自分と薬局にイノベーションを起こす
6.質疑応答

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
医療法人社団 永生会 特別顧問 中村 哲生(なかむら てつお)氏ほか
日時
  • 日程 2018年3月1日(木)
  • 時間13時00分 ~ 16時15分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場SSK セミナールーム
  • 住所 東京都 港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル4F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード