最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

【米国:動画プラットフォーム&ソーシャルメディアの隆盛】伸びる「ネット広告」、かすむ「テレビCM」

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

2016年、米国でも遂にネット広告がテレビCMを超えました。それを背景に、ディズニーがフォックスのテレビや映画資産を大部分買収し、ストリーミングサービスへの本格進出を表明するなど既存のテレビ業界でも大きな変化が始まっています。コードカットや視聴率低下など既存テレビ業界の凋落は目を覆うばかりと言われ始めています。
一方、ネットフリックスやアマゾンプライムビデオなどネットストリーミングサービスは、一切広告を掲載していません。その結果、ネット広告は様々なソーシャルメディア系が吸収し始めています。米国などではソーシャルメディアがマスメディアと同列の地位を獲得したと言われる中、フェイクニュース問題でネット広告にも色々と問題が出ています。
本講演は、米国の事例を参考に動画ビジネスやネット広告の最新展望を提示します。

1.ディズニーによるFOXの映像資産買収の衝撃
・視聴率の低下?
・テレビ広告への不安?
・消費者の顕著なスポーツ離れ?
2.ストリーミングサービスが支配したエミー賞、ゴールデングローブ賞
3.ネット広告全体のトレンド
・グローバルトレンド
・米国トレンド
・国内トレンド
4.今や、かつてのUstreamか、フェイスブックの動画サービス
・自由な動画投稿、ライブストリームも可能に
・ABC放送とフェイスブックのタイアップ
・インスタグラムのストーリーズ広告とスナップチャット
5.ソーシャルメディア広告の受難
・マスメディアと対等の地位を獲得したソーシャルメディア
・YouTube広告の受難
・米国でのフェイクニュース問題とフェイスブックの対処
・国内での記事の無断転用や記事自体の誤り問題
6.ソーシャルメディア広告の明暗
・スナップチャットから撤退したCNN
・好調のNBC
7.アップルテレビでアマゾンと和解したアップルの狙い&アマゾンの脅威
8.FCCによるネット中立化政策破棄の影響
9.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
メディアコンサルタント 山崎 秀夫(やまざき ひでお)氏
日時
  • 日程 2018年2月20日(火)
  • 時間14時00分 ~ 16時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場AP新橋虎ノ門
  • 住所 東京都 港区西新橋 1-6-15 NS虎ノ門ビル(日本酒造虎ノ門ビル) (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

特許・ライセンシー/法律の展示会・イベント

ホットキーワード