最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

2018年度介護報酬改定と介護ビジネスの行方

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

Ⅰ.2018年度介護報酬改定と介護事業者のとるべき戦略
みずほ証券株式会社 エクイティ調査部 シニアアナリスト 
渡辺 英克(わたなべ ひでかつ)氏
【13:00~14:15】

公的介護保険がスタートして18年が経過しました。政府が目指してきたことと、どのような変遷があったかを検証します。その上で18年改定はどのように位置づけられるのか、延長線上として20年代にどのような制度改革が予想されるか、どのようなシナリオが考えられるのか、そして介護事業者はどのような戦略が望ましいのかについて述べます。

1.公的介護保険のこれまでの経緯と政府の目指してきたこと
2.18年改定と、20年代に予想される制度改革
3.残された課題
4.介護事業者のとるべき戦略


Ⅱ.ツクイの介護事業戦略
株式会社ツクイ 代表取締役社長 津久井 宏(つくい ひろし)氏
【14:20~15:35】

当社は1969年に土木工事会社として設立され、創業者の母親が認知症になったことをきっかけに、1983年に介護サービスに参入しました。現在、47都道府県650を超える事業所でサービスを提供しています。今回は、当社の事業の変遷や、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けた事業戦略をご紹介いたします。

1.土木事業から介護事業への転換
2.訪問系サービスからデイサービスへの転換
3.ツクイビジョン2025・第一次中期経営計画
4.2018年4月の介護報酬改定を見据えた事業戦略


Ⅲ.セントケア・ホールディングの目指す方向性とは?
セントケア・ホールディング株式会社 常務取締役執行役員 事業支援本部 
田村 良一(たむら りょういち)氏
【15:45~17:00】

セントケアグループは、在宅介護サービスを中心に「ご自宅での介護」の限界点をどう高めていけるか?=「在宅の施設化」というテーマを追求し、介護の高度化にチャレンジしてまいりました。
今後の地域包括ケアシステム構築に向け、我々が地域で果たす役割を明確にして、地域貢献を果たしていきたいと考えています。 そうした中で、現在取り組んでいる施策は・・・

1.在宅の単体サービスから、「包括単位サービス」=「地域密着型サービス」へのシフト
2.医療連携の中核としての「訪問看護サービス」の強化・拡充
3.「小規模多機能型居宅介護」・「看護小規模多機能型居宅介護」・「訪問看護」の機能分化と連携
4.「訪問介護」の高度化と機能分化・連携への取組

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
みずほ証券株式会社 エクイティ調査部 シニアアナリスト 渡辺 英克(わたなべ ひでかつ)氏ほか
日時
  • 日程 2018年2月19日(月)
  • 時間13時00分 ~ 17時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場SSK セミナールーム
  • 住所 東京都 港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル4F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード