最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

NTTドコモのIoT、eSIM戦略

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

Ⅰ.ドコモのグローバルIoTとeSIMの取り組み
(株)NTTドコモ 法人営業本部 IoTビジネス部 
グローバル推進担当部長 兼
コネクテッドカービジネス推進室担当部長 中村 雅彦(なかむら まさひこ)氏
【13:00~14:10】

NTTドコモは法人のお客さまに多様なIoTソリューションを提供し、協創による価値創造に取り組んでいる。産業機器や自動車等のグローバルな製造業の分野では、製品に組み込んだIoTの回線をワンストップで管理できるIoTプラットフォームや、SIMの電話番号を海外の通信キャリアへ書き換えられるeSIMのニーズが高まっている。
本講演では、ドコモのグローバルなIoT分野での取り組みやeSIMソリューションを、導入事例を交えてご紹介する。

1.ドコモのIoTの取り組みについて
2.ドコモのグローバルIoTソリューション
3.ドコモのIoT向けeSIMの取り組み
4.GSMAにおけるIoTのeSIM仕様化の流れ
5.質疑応答/名刺交換


Ⅱ.ドコモのコンシューマ機器におけるeSIMの取り組み
(株)NTTドコモ プロダクト部 第二商品企画担当部長 
横内 禎明(よこうち さだあき)氏
【14:20~15:30】

近年、タブレットやウエアラブル端末等の様々な形状のコンシューマ機器が登場しており、お客様が簡易に通信サービスを利用できるような仕組みが求められている。NTTドコモは、このようなニーズを背景に、コンシューマ機器での通信サービスの利用に必要なプロファイルを遠隔で、機器に内蔵されたSIMに書き込める「eSIMプラットフォーム」を開発し、本プラットフォームに対応したタブレット「dtab Compact」を5月にリリースした。
本講演では本プラットフォームの特徴を紹介する とともに、導入によってもたらされるメリットおよび将来に向けた展望をご紹介する。

1.コンシューマ機器向けeSIMの世界動向
2.GSMAにおけるコンシューマ機器向けeSIMへの取り組み
3.ドコモのコンシューマ機器向けeSIMプラットフォームの特徴および
  eSIMプラットフォームがもたらす効果
4.将来の展望
5.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
(株)NTTドコモ 法人営業本部 IoTビジネス部  グローバル推進担当部長 中村 雅彦(なかむら まさひこ)氏ほか
日時
  • 日程 2017年9月20日(水)
  • 時間13時00分 ~ 15時30分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場AP新橋虎ノ門
  • 住所 東京都 港区西新橋 1-6-15 NS虎ノ門ビル(日本酒造虎ノ門ビル) (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード