最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

【広島開催】<人事労務が抱える2大テーマへのアプローチ方法>問題行動をとる困った社員の取扱いと労働時間の上限規制への対応 -指示命令違反・勤怠不良・能力不足などの困った社員と長時間労働対策-

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込) 【再受講者特別優待】10,800円(税込) ※同一団体から派遣適用可
1

概要

わかりやすい講義とすぐに役立つ資料を大提供!
具体的かつ実践的なセミナーです。

2011年~17年半ばにかけて東京、大阪、名古屋、福岡、広島、札幌、仙台にて開催しました「職場を混乱させる問題社員対策セミナー」は、1981名の申し込みをいただき、民法キー局のTV番組でも取り上げられるなど大きな反響と好評をいただいております。
また長時間労働対策は日増しに重要性を増しており、働き方改革実現会議で示された労働時間の上限規制が法制化に向けて動き出し、大手広告代理店による過労自殺事件によって書類送検の事例が数多く見受けられます。いまや長時間労働の是正は企業として喫緊の課題で、これを看過することは企業の存立を脅かしかねないリスクだと言えます。
そこで本講ではこの2つのテーマにフォーカスし、人事労務に関する問題の講演で定評のある人気講師 佐藤 広一先生を招聘しご講演をいただきます。
職場を混乱させる困った社員への現実的な対応として、正しい労働法、労務管理の知識をお伝えしつつ、実例と判例を提示しながら具体的に解説していきます。また、長時間労働対策として、リスクや労働基準監督署による臨検監督への具体的な対応策を考察するとともに、長時間労働を適正に改善するための処方箋をお話しいただきます。明日から使える資料も豊富にご提供いたします。

■ セミナー参加者から、以下のお声をいただいております
・実務としてすぐ活用できる内容ばかりのため。(仙台)
・企業側にたったセミナーを受けたのは初めてだったが参考になった。(広島)
・資料とスライドが同一で、内容もわかりやすくとても良い。説明がききやすい。(福岡)
・対応策が違法かどうか見解を示してくださっている点。(東京)
・対応策が具体的でとてもわかりやすかったです。(名古屋)
・問題が起きてからでは手遅れで、起こさない具体的なわかりやすい講義でした。(大阪)
・労働基準法の話と具体的な対応の仕方、考え方の話があり良かったです。(札幌)


わが国で長く醸成されてきた雇用に関する規制(解雇権濫用法理、労働時間法制、労働条件の不利益変更法理)と、問題行動をとる社員(指示命令違反・勤怠不良・能力不足・メンタル不調など)の狭間におかれた経営者、HR、人事パーソン、マネジャーは、その対応に奔走し疲弊しています。
他方、大手広告代理店による過労自殺事件と働き方改革実現会議の議論により労働時間の上限規制や同一労働同一賃金などの法整備が進んでおります。
本セミナーでは、問題行動をとる社員への向き合い方と、長時間労働問題への企業が取るべき対応という人事労務の2大テーマについて、豊富な資料とともに経営者、HR、人事パーソン、マネジャーの視点でお話をさせていただきます。

0.最近の労働環境

1.困った社員との向き合い方
 【対策1】協調性がなく自分勝手に職場を混乱させる社員への対策
 【対策2】著しい能力不足で手におえない社員への対策
 【対策3】セクハラやパワハラを繰り返す社員への対策
 【対策4】メンタル不調で欠勤や業務効率の低下が続く社員への対策

2.厳しさを増す長時間労働規制への対処方法
 【1】労働行政、立法が進める長時間労働是正施策
 【2】そもそも「労働時間」とは何か?
 【3】労働時間適正把握ガイドライン
 【4】ますます重要視される「36協定」の正しい理解
 【5】長時間労働対策として企業が取るべき対策

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
HRプラス社会保険労務士法人 代表社員/特定社会保険労務士 佐藤 広一(さとう ひろかず) 氏
日時
  • 日程 2017年12月11日(月)
  • 時間14時00分 ~ 17時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込) 【再受講者特別優待】10,800円(税込) ※同一団体から派遣適用可
開催場所
  • 会場メルパルク広島
  • 住所 広島県 広島市中区基町 6-36 (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード