最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

広域機関の役割と取組 -間接オークションの導入-

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
1

概要

2015年4月電力システム改革の第1弾として電力広域的運営推進機関(以下 広域機関)が発足し、全国の電源の広域的活用に必要な送配電網の整備や、全国大での平常時・緊急時の需給調整機能強化等の役割を担ってきた。具体的には、広域連系系統整備計画の立案、電力供給計画のとりまとめ、調整力・予備力のあり方の検討などがあるが、連系線の効率的利用を目的とした間接オークションの導入が決定したので、その内容も解説する。

1.広域機関の役割
2.広域連系系統の整備状況
3.地域間連系線の利用ルール
4.容量市場の検討
5.調整力と需給調整市場
6.間接オークションの導入
7.終わりに
8.質疑応答

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
電力広域的運営推進機関 企画部長 進士 誉夫(しんじ たかお)氏
日時
  • 日程 2017年9月13日(水)
  • 時間14時00分 ~ 16時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場TKP新橋カンファレンスセンター
  • 住所 東京都 港区西新橋 1-15-1 大手町建物田村町ビル (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード

今週開催する展示会・イベント