最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

~衆院可決された「カジノ法案」急速に走り出した議論~日本版カジノ法の要点とカジノビジネスへの参入

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)■ 地方自治体限定・ご優待特別価格 ■ 1名につき 5,000円(税込)

概要

IR-カジノはインバウンド消費への大きな寄与が期待されており、日本企業には多くのビジネスチャンスが生まれるものと予想されます。既にIRビジネス参入への競争は始まっており、参入方法・形態に対する検討、各種契約への対応、IR事業者として選定されるための工夫については、直ぐに対応していかなければなりません。本講演では、IR関連ビジネスに参入するにあたってのアクションプランを練るために必要なポイントを押さえていきます。

1.日本版カジノの導入の経緯
 (1)複合観光施設(Integrated Resort-IR)としてのカジノの導入 
   -狙いとその背景
 (2)国、地方公共団体、民間事業の役割
 (3)IRの実施に係るスケジュール 
   -自社のビジネスプランとの整合性の確認
 (4)IR施設区域及び設置・運営主体選定のプロセス 
   -どのように行動を始めるべきか
 (5)各地方における取組

2.IRプロジェクトへの参入にあたっての留意点
 (1)カジノビジネスの基本
 (2)カジノビジネスに参入を検討中のプレイヤーとそのビジネスモデル(事業分野)
 (3)カジノビジネスへの参入・関与の形態及びそのプロセス
   -(参入を検討中の事業者が行うべきこと)
 (4)ライセンス(参入規制)、コンプライアンス及び監督 
   -規制に耐え得るのか
 (5)コンソーシアム/JVアレンジメントに関する考察・留意点
   -どのように組み、どのように競争していくか。

3.IR運営主体として選定されるための検討事項
 (1)予想される評価・選定の方法
 (2)予想される評価項目と各項目・論点に係る対応
 (3)実務上の留意点 -PFI-PPP実務を参考に

4.IRプロジェクトに取り組むにあたって必要となる契約書
 (1)JV契約/コンソーシアム契約
 (2)プロジェクト関連契約
 (3)土地・施設の利用に関する契約
 (4)ファイナンス関連契約

5.IRに対するファイナンス -プロジェクト取組時の留意点を含めて
 (1)IRに対するファイナンスの手法・論点
 (2)IRに対するプロジェクトファイナンスの可能性
 (3)IRに対するプロジェクトファイナンスを行うにあたって、
    検討しなければならないポイントとは

6.カジノビジネスに係る各種規制とその対応
 (1)金融関連法による規制
 (2)マネーロンダリング対策
 (3)反社会的勢力の排除
 (4)ギャンブル依存症対策・青少年保護
 (5)監査体制

7.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
ベーカー&マッケンジー法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士 本間 正人(ほんま まさと)氏
日時
  • 日程 2017年2月23日(木)
  • 時間14時00分 ~ 17時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)■ 地方自治体限定・ご優待特別価格 ■ 1名につき 5,000円(税込)
開催場所
  • 会場SSK セミナールーム
  • 住所 東京都 港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル4F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード

資料請求・ダウンロード