最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

AI、IoT、AR・VR、ロボット、メディカルIT、Fintech 2017年世界のイノベーショントレンド ~シリコンバレーのVCが予見するトランプ政権と新たな潮流~

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

概要

Fenox Venture Capital,
Managing Director & CEO Anis Uzzaman(アニス・ウッザマン)氏

イノベーションは最早、グローバルトレンドであることは言うまでもありません。シリコンバレーだけでなく、中国、インドにおけるスタートアップ企業への投資規模の急速な増加には目を見張るものがあります。また、東南アジアをはじめ、これら以外の地域においてもイノベーションの流れは加速しており、シリコンバレーとの連携を強く求める状況にあります。その一方で、米国においてはトランプ政権が誕生し、従来の政策が転換期を迎えていることも事実です。シリコンバレーに対する影響も予断を許さない状況と思われています。
フェノックス・ベンチャーキャピタルでは、昨年から今年にかけて、スタートアップ・ワールドカップというイベントを企画・実施し、世界中のトレンドを踏まえたグローバルなイノベーションプラットフォーム作りを行なっています。世界13カ国16地域でそれぞれの国を代表するスタートアップを選び出し、それをシリコンバレーに集結させて決勝戦を行うという壮大な企画です。この企画を通じて、世界中のイノベーション、スタートアップ、大企業、そして投資家のトレンドを独自に把握、洞察しています。
本講演では、このような取組みに基づき、シリコンバレーだけでなく世界のイノベーショントレンドの洞察についてお話しいたします。最先端のAI、IoT、AR・VR、ロボット、メディカルIT、Fintechなどの次世代テクノロジーの今後、またその先にある方向性などについても触れ、今後期待されるスタートアップ企業について紹介します。その上で、日本企業にとって、このさらに加速するイノベーショントレンドに乗り遅れず、このチャンスを生かしていくべき方策についてお話をいたします。

1.2017年以降のイノベーショントレンド把握にあたって
 (1)世界の大手企業の動向
 (2)トランプ政権とシリコンバレーの動向

2.2017年注目の技術分野におけるスタートアップ企業紹介
 (1)AI分野:ロボット制御のAIを開発する"Osaro社" 等
 (2)IoT分野:セキュアなIoTプラットフォームを提供する"Afero社"等
 (3)AR・VR分野
 (4)ロボット分野
 (5)メディカルIT分野
 (6)Fintech分野

3.日本でのイノベーショントレンドへの対応方策
 (1)課題とソリューション
 (2)実現の手立て
   シリコンバレー企業との連携、連携作りのための施策
   グローバル化施策など

4.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
Fenox Venture Capital, Managing Director & CEO アニス・ウッザマン氏
日時
  • 日程 2017年1月24日(火)
  • 時間15時00分 ~ 17時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場TKP新橋カンファレンスセンター
  • 住所 東京都 港区西新橋 1-15-1 大手町建物田村町ビル (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

IT・ソフトウェア・インターネットサービス/IT・通信・モバイルの展示会・イベント

ホットキーワード