最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

【大好評につき追加開催決定!】キャラクタービジネスの法的留意点と契約書実務 企画・制作委託・公募の際のトラブル回避策から二次利用、類似キャラクター侵害判断、契約書チェックポイントまで

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

概要

■ 前回(16年1月)開催セミナー参加者から、以下のお声をいただいております ■

・ 盛りだくさんの内容でしたが、それぞれ実務(契約)への落とし込みがあり、有意義だった
・ 教科書的な内容ではなく、顧客吸引力の説明など実務を行う上でより分かりやすかった
・ 基礎と実務の面より参考になった
・ 非常に分かりやすく、知識の整理と蓄積になった
・ 制作物をチェックする上でのポイントが分かった
・ 具体的判例が豊富で説明も丁寧なので分かりやすかった


映像・マンガ・アニメ・ゲーム等のコンテンツビジネスにおいては、そこに登場するキャラクターの商品化ライセンスなどの二次利用収入が大きな割合を占めています。また、既存のコンテンツに依存しないで制作されるオリジナルキャラクターも根強い人気を獲得しています。さらに近年においては、いわゆる「ゆるキャラ」ブームにより、「ふなっしー」をはじめとするご当地キャラクターが大ブレイクしたり、世界中でプレイされている「ポケモンGO」の例をはじめ日本発のキャラクターの海外展開も注目を浴びている状況です。キャラクタービジネスは、大きなビジネスチャンスとなりうる一方、他方で法的知識の欠如や契約関係の曖昧さゆえに法的トラブルに至ることも少なくありません。
そこで、本セミナーでは、キャラクタービジネスに必要な法律知識を得ることを目的として、キャラクターの権利に関する解説を行うとともに、キャラクターの企画・制作委託・公募の際の法的留意点、映像・マンガ・アニメ・ゲーム等のキャラクター利用の際の法的留意点等につき、紛争防止の観点から、事例をあげて具体的に解説いたします。
また、キャラクタービジネスにおいては「似ているキャラクター」が問題となることがありますが、類似のキャラクターが著作権侵害となる基準と実務上の留意点につき具体例をあげて説明いたします。さらに、キャラクターのライセンスビジネスに必要となる商品化ライセンス契約書のチェックポイントについても解説いたします。
4時間でキャラクタービジネスに必要な実践的な法律知識を得ることを目的にした内容となっておりますので、幅広い方々の受講をお待ちしております。

1.キャラクターの権利とは?
(1)キャラクターとは何か?/「プロパティ」「商品化権」とは?
(2)キャラクターは法律上どのように保護されているのか?
(3)著作権法におけるキャラクターの保護

2.キャラクターの企画・制作委託・公募の際の法的留意点
(1)ありがちなトラブル事例と紛争防止策
(2)制作委託契約に盛り込むべき必須事項/公募を行う際の留意事項

3.漫画・アニメ・ゲーム等のキャラクター利用の際の法的留意点
(1)ありがちなトラブル事例と紛争防止策
(2)原作・漫画・アニメーション、キャラクターの権利関係など

4.キャラクターの類似と法的留意点 ~どこまで似ていたら侵害か?
(1)どこまで似ていたら侵害となるのか?
(2)裁判所の判断基準をもとに具体的に考える
(3)パロディ・二次創作の場合はどうか?

5.キャラクター商品化ライセンス契約の留意点とチェックポイント
(1)ライセンスとは何か?/ライセンス契約と契約書
(2)商品化ライセンス契約の特色と骨格条項
(3)商品化ライセンス契約のチェックポイント

6.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
Field-R法律事務所 パートナー 弁護士 金沢 淳(かなざわ じゅん)氏
日時
  • 日程 2017年2月3日(金)
  • 時間13時00分 ~ 17時00分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場SSK セミナールーム
  • 住所 東京都 港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル4F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード