最新の展示会、企業イベント、セミナー、公開講座、集合研修、勉強会などをチェックできるビジネスイベント情報メディアです。

  • セミナー・カンファレンス

【シリコンバレー最新レポート】トランプ新政権と激動のAI動向 2017 -米国次期政権のAI基本戦略と大失業時代への対応策-AIスマホ「Google Pixel」ライブデモとGoogleのAI事業戦略

有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

概要

Trump次期大統領は製造業を米国に呼び戻すと宣言し、同時に、米国でイノベーションを生み続けることを目標に掲げた。強いアメリカを掲げるTrump氏はAI開発やAI企業とどう向き合うのか、激変が予想される2017年を眺望する。
米国政府はAI研究開発の基本戦略を発表した。米国政府は長期レンジのAI開発に取り組むべきとし、人間のように柔軟で汎用的な機能を持つArtificial General Intelligence(AGI)に注目している。米国政府が描くAI開発ロードマップを考察する。
Trump新政権の四年間はAIやロボット技術が劇的に向上し、大量失業時代に突入することが懸念される。AIが自律的に稼働するにつれ、倫理、法令、社会の側面からAIに起因する問題が顕著となる。新政権はこれらの問題をどう解決するのか、そのヒントを探る。
Googleは検索サービスやAndroid事業から、家族で楽しめる優しい製品開発に比重を移している。利用者との接点はスマホだけでなく、家電やウエアラブルなど多岐にわたるが、そのインターフェイスをAIが司る。AIスマホ「Google Pixel」のライブデモを交え、GoogleのAI戦略を考察し、IT企業の役割を解析する。
いつの時代もイノベーションはベンチャー企業から生まれる。いまAIベンチャーから次世代のDeep Learning技術やニューロサイエンスモデルが登場している。ここにはAIで事業を興すヒントがたくさんある。2017年のAI技術トレンドと事業モデルを探る。

1.米国政府のAI開発戦略 ~他国を一気に引き離す
 (1)米国政府のAI研究開発基本戦略
 (2)Artificial General Intelligenceへの挑戦
2.AIが社会問題を引き起こす~新政権が背負う課題と対策
 (1)AIに起因する問題が顕著となる
 (2)大量失業時代に備える、ベーシックインカムの議論
3.GoogleはAI企業に大転身 ~ IT企業の存在価値とは
 (1)GoogleのAIスマートフォン「Pixel」 (+ライブデモ)
 (2)GoogleのAIスピーカー「Home」 (+レビュー報告)
4.世界に挑戦するAIベンチャー ~ 次世代の事業モデル
 (1)AIのブラックボックスを開きそのロジックを解明
 (2)Human IntelligenceとArtificial Intelligenceの融合
5.質疑応答/名刺交換

詳細情報

主催 新社会システム総合研究所
講師
スピーカー
米国 VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明(みやもと かずあき)氏
日時
  • 日程 2017年1月13日(金)
  • 時間14時00分 ~ 16時30分
料金
有料
1名につき 32,400円(税込) 同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
開催場所
  • 会場SSK セミナールーム
  • 住所 東京都 港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル4F (地図を開く)
お問い合わせ
  • 03-5532-8850

ホットキーワード